プロ家庭教師への何でも質問室

プロ家庭教師への質問に答えるサイト。 生徒のやる気を引き出す・必ず成績が上がる・志望校への合格率○○%等謳い文句はたくさんありますが、大事なのはそれが本当にそうなるのかどうか、ですよね?

創価大学の学生は家庭教師の募集に応募できるか

家庭教師の募集に応募する時は、高学歴な人が有利になります。例えば、東京大学を卒業していたら、優先して採用されるかもしれません。しかし、卒業した大学が全てではありません。創価大学の学生でも応募できます。創価は中堅の大学ですが、成績が優秀な人もいます。家庭教師になるためには学力が一番大切ですが、それだけではありません。人間性も重視されます。東京大学や京都大学を卒業していても、人間的に問題のある人だったら、採用されません。
家庭教師になるときは、学力試験があります。これでまず良い点数を取ることが大切です。その後に面接があります。この面接が学力試験よりも大切です。ここでその人の人柄を調べます。挨拶ができる、大きなことで話すといった基本的な態度から、他の人と信頼関係を作れる、安心感を与えられるといった家庭教師に必要な資質を面接の担当者が見極めようとします。
有名で偏差値の高い大学にくらべて、創価大学が不利になることは否定できません。それでも学力試験に通って、面接試験で人柄を認められたら、家庭教師になることができます。
この仕事をするときは、子供に好かれることが重要です。子供に好かれるためには教え方の技術が高いことが必要ですが、人間的に親しみのもてる人であることも必要です。高学歴の人で、たとえ学力試験と面接に通っても、子供に好かれなかったら、この仕事を続けるのは難しくなります。家庭教師の場合は、生徒の希望によって先生を交代できます。子供に好かれなかったら、交代させられる恐れがあります。たとえ中堅の大学を出ていても、子供に好かれて教える技術があったら、この仕事をずっと続けていくことができます。創価大学の卒業を気にする必要はありません。