プロ家庭教師への何でも質問室

プロ家庭教師への質問に答えるサイト。 生徒のやる気を引き出す・必ず成績が上がる・志望校への合格率○○%等謳い文句はたくさんありますが、大事なのはそれが本当にそうなるのかどうか、ですよね?

プロの家庭教師でも、大事なのは子供との相性

プロ家庭教師は経験が豊富です。
少なくとも3年以上の経験を持っています。
そのような経験があれば、いろいろな子供と接しているので、どんな子供にも教えられます。
しかし、相性は大切です。
プロの家庭教師でも、子供との相性が悪いことがあります。
例えば、女子中学生は男性の先生を避けることがあります。
この年代の女子は父親との確執に悩むことが多いので、父親と同じ世代の先生は避けたくなるのです。
また小学生の場合は、女性の先生の方が良いことがあります。
女性だったら、母親に接するように勉強を教えてもらうことができるからです。

親から見て相性が悪いと感じたら、交代してみましょう。
先生が来るのを嫌がったり、家庭教師の先生が出した宿題をやっていない場合は、相性が悪い恐れがあります。
相性のことは分かりにくい場合もあります。
親は、先生が子供に教えているところをじっくり見る機会が少ないからです。
相性のことに気付かない場合でも、子供の成績を見れば分かるようになります。
家庭教師に来てもらっているのに、子供の成績がアップしない場合は先生との相性が悪いと考えた方が良いでしょう。

プロ家庭教師の中には厳しい人もいます。
子供がそれを嫌がっているときは、相性が悪いと思ってはいけません。
基本的な勉強の習慣がついてない子供の場合は、最初は厳しく指導して、勉強の習慣を身につけるようにしなければなりません。
怒鳴り散らしたり、叩いたりするのは問題外ですが、勉強が苦手な子供だったら、最初のうちは先生の厳しい指導は受け入れるようにしましょう。

家庭教師の派遣会社は多くのプロ家庭教師を確保しているので、先生の交代は容易です。
相性が悪いと感じたら、すぐに連絡して交代してもらいましょう。